YUN MOM

1歳の息子と夫の3人家族。2019年CAベイエリアでの生活がスタートしてます

YUNMOM

【渡米準備】不要家具・家電の一斉処分!

こんばんは、ゆんです!

1日がかりの引越し作業もお無事終わり、いよいよ出国前最後の夜になりました。

楽しみやら不安やら色々な感情がごちゃまぜになり、ドキドキして寝られません。

…というわけで、夫と息子の寝息を聞きながら国内最後の記事「我が家の引越し」について書きたいと思います。

我が家の引越し事情

【赴任先はアメリカ・3年間】
・荷物は基本全て海外へ
・不要な家具は一部国内倉庫にも保管可能

アメリカの家には冷蔵庫や洗濯機などの家電や収納家具が設置されている事が多いらしく、我が家の引越し先も生活に最低限必要な家財が既にあるとの事でした。

家電は3年間使わずに放置しておくと動かなくなる可能性高くなり、5年使わないとまず動かなくなると聞いた事があります。

そこで初めに考えたのが「リサイクルショップに不用品を買い取ってもらう」という作戦です。

リサイクルショップへ買い取ってもらう

我が家の処分したい家具家電たち。

どうせ売っても大した金額にはならないと思いましたが、処分費用も含めてプラスになればいいな〜くらいの気持ちで買取業者さんへ連絡。

以下は、年式や型番を電話で伝えた時の簡易見積りです↓
・テレビ(10年):0円
・電子レンジ(5年): 0円
・LEDシーリングライト×2つ(1年): 500〜1000円
・組立て式ローボード:-4000円
・組立て式サイドボード:-3000円

合計マイナス6千円超!

原因は組立て式家具。基本的に通販で購入した家具や自分で組立てる家具は基本的に処分の対象となり、有償引取りになるそうです。

(まぁ確かに元値は数万円くらいの家具だもんね…)

結局は低コストを求めて、大型ゴミとして市に処分してもらう事に。

大型ゴミとして市の集積所に持ち込む

大型ゴミ1点につき500円で処分してくれるため、処分するなら一番安価な方法です。

ちなみに電話で事前に予約しておくと、自宅まで回収にも来てくれます。

予約は10日前までの予約が必要だったので、取りかかりが遅かった我が家では締切に間に合わず。

大型ゴミで処分する事を思いついた時には、既に持込しか選択肢にありませんでした。

もちろん大型ゴミの回収方法は市町村によって異なりますので、各自治体に確認してみてくださいね!

親戚・友人に譲る

不要になった家電の一部は「ヤマトのらくらく家財サービス」を利用しました。

設置費用を含んだ送料が1.2万円。

家具はともかく、単価の高い家電にはこのサービスは便利だな〜と思いました。

我が家ではちょうど買い替えを検討していた祖父母宅へ!買ったばかりの洗濯機だったので、使い手がいて良かった^^

フリマアプリで売却する

ヤフーオークションが出始めた時からC to C取引をやっていた私が、今最も愛用しているのが「メルカリ」と「ラクマ」です。

メルカリは海外やフリーWIFI環境下では使えないらしく、海外駐在中は使えなさそうが残念ですが、今回の引越し準備に際して、棚の肥やしになっていた洋服や書籍、雑貨などをガンガン売りました。笑

わざわざ引越し準備の忙しい時にやる必要はなかったんですか、恐らくこれは私にとっての現実逃避!

やらなくてはならない事を目の前にすると、つい他の事をやりたくなりませんか?テスト前の大掃除とか(笑)

そういうわけで、高値で売れるものや送料が安価なものなと売却益が出やすい物を諸々売っぱらいました!

さいごに

この5年間、なんと毎年引越しをしています。

結構・転勤・出産などのライフステージの変化に合わせるかたちでの引越しですが、その度に荷物が増えています。

子育て世帯になって初めての今回の引越しは、特に大変でした。

荷物の多さもさる事ながら、1歳になった息子の相手をしながら…というのが何とも。

「構ってもらおうと必死な息子VS不器用ママ」

進捗しなさすぎて笑えました。笑

もう当分は引越ししたくないですorz